便秘の宿便の見分け方|スッキリ体型になるには

ウエスト

水分補給でお通じを改善

お茶

有効成分に注目を

便秘解消のためにお茶を飲むことは、誰でもできる簡単かつ効果的な方法のひとつで、副作用もない点が大きなメリットです。ただしお茶の飲み方によっては、便秘解消効果が実感できなかったり、場合によっては逆効果になったりすることもあります。たっぷりとお茶を飲めば、固くなってしまった便に水分が浸透するため、便秘解消の効果が期待できます。大腸までしっかりと水分を届けるには、ゆったりした気分でお茶を飲むことが大切です。喉が渇いているときなどは、ついがぶ飲みしてしまいがちですが、一気に大量に飲めば良いというわけではありません。急に強い刺激を消化器に与えることは、大腸にとっても好ましくないと言えます。同じ理由で、熱すぎたり冷たすぎたりするお茶も、便秘解消には向いていません。ぬるめのお茶を飲むように心がけることが、腸内環境の改善に効果的と考えられます。飲むタイミングとしては、朝起きた直後や夜寝る前が適しています。空腹時には水分や有効成分が吸収されやすくなり、大腸の活動も活発になりやすいためです。反対に満腹時に飲んでも効果は薄れやすいし、飲み合わせが悪い場合もあります。ただし眠る直前に飲むとトイレで目が覚めたり、成分によっては安眠できなくなったりするため注意が必要です。特にカフェインを多量に含むお茶は尿として排出されるため、大腸にまでは届かないことが多く、便秘解消の効果は期待できません。便秘解消のお茶は成分に注目して選んでください。